see em why k x 第37代 泡盛の女王 AR泡盛ボトル

泡盛から伝わる沖縄の味と音、泡盛から繋がるEN。
大切な人へ贈りたい、大切な人へ贈ってほしい。
そんな想いから創り上げた女王からの贈り物。
~En Collection Produced by Awamori Queen 37th~

第37代泡盛の女王3名の任期は2023年7月にスタートしました。
任期スタート直後、短い任期の中でやりたいと思っていることを3人で話し合いました。そのひとつが ”第37代泡盛の女王のオリジナルボトル”をつくるということ。

私たちが良いと思った泡盛で、私たち素敵だと思うデザインで、泡盛の魅力を伝えたい。泡盛について触れてもらいたい。そんな想いでこのプロジェクトはスタートしました。

企画をスタートさせた当初は泡盛の製造や販売の免許のことや、どのような泡盛にするのか、デザインはどうするのか、誰にどのように売っていくのか・・分からない事がたくさんありました。

沖縄県酒造組合、酒造メーカーの方からのアドバイスを頂き、企画書をつくり、デザインを考え、3名で酒造メーカーさんにお願いに出向くなど試行錯誤しながらプロジェクトを進めてきました。

この企画を通じて、県内の泡盛メーカーの方々がどのような想いで泡盛をつくっているのか、製造、企画、販売、流通、多方面から泡盛の事を学ぶ機会になったと感じています。

日ごろから応援してくださっている方、関わってくださった方、泡盛を・・
そして沖縄を愛してくださる方々に向けて、泡盛の女王3名の「泡盛の魅力を伝えたい」という想いをボトルとデザインに詰め込みました。

三線の音色と共に沖縄を感じるひとときに。
仲間と集う楽しい時間に。
大切な方への贈物に。
ぜひEn Collectionをお楽しみください。

About En Collection

  • ~香巡 Kaen~ 泡盛から伝える”うとぅいむち“の心

    第37代泡盛の女王 前泊選香

    沖縄では、御祝、感謝、歓迎、おもてなし、その気持ちを表すシーンには「泡盛」があります。それは600年前の琉球王朝時代から変わっていません。巡り会えたことへの感謝の気持ち、目の前の相手の嬉しい気持ち、楽しい気持ち、時には悲しい気持ちに寄り添う心。そんな想いを体現することを沖縄では「うとぅいむち」と表現すると思います。
    それは目には見えませんが、カタチがないからこそずっと残り続け、人から人、そして時を超えながら巡っていくものだと思います。
    この泡盛が、あなたの「うとぅいむちの心」を大切な方へ届けてくれるそんな存在でありますように。

    デザインについて: 贈物をイメージした水引と、お守りとなるサングワーのデザイン。人と人の想いやご縁を「結ぶ」という意味を込めています。

  • ~稀縁 Kien~ 伝統で繋がる人と人の縁

    第37代泡盛の女王 比嘉柚稀

    私の名前、”柚稀“という字には、「稀」が使われています。
    人と人のご縁は本当に奇跡であり稀です。
    そして、沖縄の伝統文化に触れられること、三線の音色を聴きながら泡盛が飲めること、毎日が平和であること、1本の泡盛をみんなで飲むことで生まれるコミュニケーションの和。この瞬間が大切であり貴重なのだと思います。
    この泡盛が、人と人とのご縁を繋ぎ、大切な瞬間に側にある存在でありますように。

    デザインについて: 伝統や人と人のご縁が「いつの世までも」受け継がれていくよう願いを込めてミンサーを入れました。

  • ~美宴 Bien~ 泡盛を囲みながら大切な仲間と過ごす賑やかな時間

    第37代泡盛の女王 稲福美咲

    沖縄を離れて県外で生活をしていた経験がある私は、離れていても沖縄と仲間を繋いでくれた泡盛の存在がとても大きく、友人や家族、職場仲間等と集う時に選ばれるお酒が泡盛であって欲しいという想いがあります。
    「美味しくて楽しいお酒、泡盛」
    この泡盛が宴の後に今日も楽しかったな。と思い出し笑いをしちゃう様な余韻を残し、明日も頑張るパワーを与えられる存在でありますように。

    デザインについて: 踊り出したくなるような賑やかで弾ける宴をイメージしてカラフルなカラーにしました。生命力や繁栄を象徴する唐草も入れています。

Awamori distillery

今回のオリジナルボトル企画にご協力くださったのは、恩納村にある「咲元酒造所」さん。首里三箇の一つで、1902年鳥堀で創業。100年以上の歴史をもつ老舗酒造所です。泡盛は戦争で一度壊滅しますが、咲元酒造所二代目の佐久本政良氏が空襲で焼けた酒蔵から、麹のついた藁のムシロを発見しました。
その黒麹菌を県内酒造所へ分け、琉球泡盛が復興を遂げました。
2024年。令和の時代となった今でも沖縄にある泡盛文化は、多くの先人の情熱と伝統を守り続けてきた努力があるからです。
受け継がれてきた情熱を、咲元酒造さんが守り続けてきた味と共に伝えていきたい。そんな想いをボトルに詰めています。

Designer

EN Collectionのボトルラベルは、那覇市浮島通りに在るsee em why k (シーエムワイケー)のデザイナー松丸三枝子さんがデザイン。 松丸さんが手がけるsee em why kは、「沖縄のよきものたちにリブランディングによって光を当てる。」「生産者や地域のコンテクスト(背景や状況)を丁寧に引き出し、デザインに落とし込む」といった評価によりGOOD DESIGN AWARD 2023において「地域の取り組み・活動」というカテゴリーでグッドデザイン賞2023を受賞されています。
まさに、私たち女王3名が泡盛の女王になった背景や想いを汲み取ってくださり、色やデザインを何度もすり合わせしながらイメージに合ったデザインを制作してくださいました。
このオリジナルボトルには、「沖縄を持ち帰るように泡盛を楽しんでほしい」、「泡盛から沖縄の味と音を感じてほしい」という想いも込め、ARデザインを導入しました。ぜひQRコードを読み込んで頂き、”AR技術×泡盛“ という新しいボトルデザインの魅力をお楽しみください。

AR開発に携わったGraphnetworkのGenさん、音楽制作にご協力頂いたSRCFLPさんもありがとうございます。

  • 香巡 KAEN

    古酒成分をたっぷり含んだ自慢の原酒をじっくりと貯蔵。甘味が程よく咲元酒造自慢の人気商品。ほのかに甘く芳醇な香り。濃厚な飲み口。 口の中に深いコク、上品な甘香が広がります。ストレートやオンザロックがオススメ!
    肉料理、魚介を使ったパスタなどとペアリング。

    内容量:360ml
    度数:30°

    価格:2,112円 (税込 2,323円)

  • 稀縁 KIEN

    恩納村「琉球村」新工場にて製造。新製法を用いたスッキリとした味わいは、ハイボールやカクテルベースにも最適!泡盛初心者にもオススメ☆

    魚介を使った前菜、オリーブ油、トマト系のソースを使った魚介料理などとペアリング。

    内容量:360ml
    度数:25°

    価格:1,920円 (税込 2,112円)

  • 美宴 BIEN

    濾過を控えて瓶詰めした粗濾過泡盛。原酒本来の濃厚で深みのある甘みと44度の力強さ「ライスの香水」と呼ばれる程、芳醇で香り高い通好みの泡盛。ロック、ストレート、水割り等で泡盛原酒本来の濃厚で深い香味を味わえます。味の濃いお料理とペアリング。

    内容量:360ml
    度数:44°

    価格:2,352円 (税込2,587円)

ご購入は、see em why k店舗にて!

*オンラインショップにて近日販売予定です!